建築をつくるということは「人」と「建築」の関係をつくることです。建築をつくる人、つかう人、訪れる人、見る人、買う人。人と建築との関わり方は様々です。わたしたちは、社会性、経済性、施工性、そしてデザイン性を持つ建築を提供し、建主の有益はもちろんのこと、「人」と「建築」との関係を良好にする。そんな設計事務所を目指しています。Person and Architecture

 

デザインについて

設計者が提案するデザインは、自ら体験したもの、設計してきたものの経験でしかありません。クライアントはそこで安易に受けいれるのではなく、時にはその提案に対して、私はこう考えるといった設計者との対話の積み重ねが、固有のデザインを生み、ストレスのない自由なデザインになると考えます。

 

家づくりをはじめる方にメッセージ

夢をもって無理をせずに家づくりを楽しんいただきたいと思います。矛盾した言葉のように思われますが、決して家づくりをはじめる以前の生活を否定してはいけません。今の生活の良いところ、悪いところを整理して、今後はその良いところをより良くするところから家づくりをはじめていけばよいかと思います。すべてが100%の住宅はできません。思わぬところで別の価値観が生まれるかもしれません。

 

Screenshot of panda-ky.com

 

光明寺の歴史

永仁5年(1297年)に時宗・2代目のお上人であられる他阿真教上人により開山されました。当初は現在地より200メートルほど南の相模湾の海岸近くに創建されたため、海向山 遍照院 光明寺と号します。昭和34年に現在地に移転され、平成8年、開山700年記念事業として『とこしえの塔』が建立されました。現在の住職は、36世 三浦紘善です。

 

永代供養納骨堂『とこしえの塔』

永代供養納骨堂『とこしえの塔』は、相模の海に向かい、霊峰富士、伊豆・箱根連山を望み、四季折々に変化する小田原市国府津山の緑を背にした静寂な高台に位置しています。

春は境内多数の桜の花が華やかさを競い、夏は『とこしえの塔』を囲む濠に蓮の花が開いて極楽西方浄土を演出します。

 

『とこしえの塔』を建立した理由

従来のお墓の大部分は、世主家が代々お墓を守り先祖を供養することを義務としています。ところが近年、子供さんがおられない、生涯独身である等の理由で墓地後継者不在の方が増えています。このような場合いずれ無縁墓となってしまいます。本来寺は、墓地後継者の有無にかかわらない供養の場であるはずです。

そこで当光明寺では、平成8年に開創700年記念事業の一環として永代供養納骨堂「とこしえの塔」を建立いたしました。変貌しつつある現代社会の家族の在り方に対応して、ご遺族にかわり光明寺住職及び「とこしえの塔」の会・光明寺檀信徒が、永代にわたりご供養をさせていただきます。ご本人が心から納得され契約をして、歿後の心配から解放され、仏縁をよりどころに残された人生を安心して積極的に生きて頂くための施設でもあります。

 

Screenshot of tokoshie.org

 

龍泉寺の供養

愛知、岐阜で水子供養ができるお寺をお探しなら愛知県丹羽郡の金毛山龍泉寺にご相談ください。水子供養することでご縁を忘れずに大切に勤めることができます。ペット供養や永代納骨供養、墓地分譲についてもお気軽にご相談ください。

 

水子供養とは

水子とは、母親と父親の縁があって母体に宿った人の命で、おのおのの事情によってこの世に人として生まれ来る事ができなかった子供のことをいいます。
私たちは何万分の1の確率で命としてこの世に生をうけて育って行くのが人の姿でありますが、水子となってしまった命は、人としての生活をおくることができなかったのです。しかしこれは母親とその命のご縁です。命を母胎内に授かった母親の喜びは、計り知れないものですが、せっかくの命を絶やしてしまった時の母親の悲しみはもっとはかり知る事ができないのです。そんな悲しみの真っ直中にいると、心の安ずるところがありません。一度は母の胎内に宿った命なのですから、母親として水子とのご縁を忘れずに大切に勤めることが供養であります。

 

水子地蔵とは

水子地蔵さまは、人として命を授かりしお子さまがこの世の光を見ることなく世を去った命に、生かされているお方が地蔵さまにすがり救済していただく地蔵さまです。

 

Screenshot of www.ryousenji.com

 

【圓明院】について

千葉県君津市を一望できる高台にある圓明院は、鎌倉時代初期ごろの開創と伝えられ開山等は不詳でございます。江戸時代(1670年頃)には、境内が整備され、享保年間(1719年)に秋葉三尺棒権現を勧請し(現在の秋葉神社)、一千座の護摩供法要を勤修したと伝えられ、この頃より本堂・庫裡・大日堂・子安観音堂・秋葉社・御霊社・出羽三山塚等の境内整備が進み現在に至っております。

 

圓明院の永代供養

永代供養とは、諸事情によりお墓参りが困難な方や、お墓を継承すべき子孫が不在の方の為に、寺院や霊園施設が代わってご遺骨を永代に渡って供養・管理してくれる供養方法です。

①お墓参りをしなくても寺院や霊園施設が永代に渡り供養をしてくれます。 ②費用が割安です。30万円~50万円が平均と言われています。 ③管理費用がありません。 ④宗旨宗派に関係なく購入可能です。

圓明院が提案する永代供養を他と是非比較してみて下さい。費用面や施設面のどちらから比較していただいてもきっと満足いただける施設だと確信しております。

 

圓明院の樹木葬

樹木葬とは、時代のニーズから生まれた新しいお墓のスタイルで、墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓です。基本的には、後継ぎを必要としない永代供養墓(えいだいくようぼ)です。「最期は、自然に還りたい」そんな故人の想いを叶えるお墓で、近年人気があります。 樹木だけでなく草花や、芝生で彩られたガーデン風のものなどもあります。ご遺骨を埋葬するだけの小さなスペースで済むため、一般的なお墓よりも費用が安く抑えられます。お一人様や、ご夫婦などで利用するケースがほとんどです。

 

Screenshot of sensin.net

 

やしろ中央会・社中央こども園について

本園は福井市の西部に位置し、周囲には福井県営総合運動公園や足羽三山などの里山があり、常に四季を肌で感じる環境に恵まれた閑静な住宅街の中にあります。

昭和52年から「モンテッソーリ教育法」に取り組み、子どもの中の自発性を重んじたプログラムを実践しております。園内での子ども達は実にのびのびと過ごし、規律正しく自発的に新しい事を積極的に吸収しています。保護者に代わって大切なお子様をお預かりし、園で多くの時間を過ごすわけですから、子ども達には大きな愛情を注ぎながら、健やかな成長を支えていきます。

 

社中央こども園の特長

人間形成に最も重要な2歳~6歳までの時期にモンテッソーリ教具を用いて日常生活、感覚、言語、算数、文化一般の各領域にわたり最適な環境(教具の形は大きさ、手触り、重さ、材質にまでこだわり、子ども達の繊細な五感をやわらかく刺激するよう配慮がなされた教具)を提供し、子ども達が一人立ちできる力を備えられるよう日々適切な指導を展開しています。

 

社中央こども園の地域子育て支援

地域の未就園のお子様やその保護者様の子育て支援を行う目的で、家庭でのお子様の養育に関する相談や入園相談など、地域の保護者支援として毎月1回、園解放日を設けています。園の解放日には季節に応じたお子様中心の製作や遊びのテーマを設定しています。お気軽にお子様連れで遊びにお越しください。お待ちしています。

 

Screenshot of www.y-c-h.com

 

【池末Ryomo司法書士法人】

当司法書士事務所では、不動産登記(売買、相続等)、商業登記(会社設立・役員変更等)、債務整理(自己破産・個人再生・任意整理・過払い請求)、遺言作成、遺産承継等の業務を行っております。

主に群馬県桐生市・みどり市・太田市・伊勢崎市・栃木県足利市を業務地域にしておりますが、当司法書士に来所頂けるのであれば、群馬県・栃木県内全域の相談にも対応しております。群馬県内の他の司法書士をご紹介できる場合もありますので、遠方の方もお気軽にご相談ください。電話・メールにて相談予約を受け付けております。お困りな点・ご不明点などありましたら、まずはお問い合わせ下さい。

 

【池末Ryomo司法書士法人】2つのオフィス

池末Ryomo司法書士法人では皆様の利便性を考慮し、栃木県足利市と群馬県桐生市という隣接した二つの市にそれぞれオフィスをご用意しております。

 

代表者・池末 晋介からのメッセージ

平成17年の開業以来、特に多重債務問題に力を入れております。皆様が平穏な生活に戻れるお手伝いができればという想いで、この問題に向き合ってきました。また多重債務問題に限らず、その他の相談にも対応しております。

当事務所の業務外のご相談には信頼できる他の専門家(弁護士・税理士等)を紹介しますので、どのようなことでもお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

Screenshot of ikesue-shihou.com

 

【加藤税理士事務所】業務内容

業務内容 ・法人税・所得税・消費税の申告書、各種届出書の作成
・譲渡、贈与、相続の事前対策、申告書の作成
・税務調査の立会い
・その他税務判断に関する相談
・決算書の作成
・会計処理に関する相談
・経営計画、資金繰り計画の相談、指導
・独立、開業支援に関する業務
・経営相談・コンサルティング

 

加藤税理士事務所・経営理念について

会計業務・税務申告だけが税理士業務では有りません。会社発展の全てをサポートするのが加藤税理士事務所です!何でもご遠慮なくご相談ください。

昔なら決算申告書を作成するだけでも良かったのかも知れません。しかし、経営環境が日々変化するようになった現在では、お客様の作業の代行をするということだけでなく、「会計を通じて企業経営を支援する」、「会計で会社を強くする」ことが会計事務所の重要な役割であると考えます。会計や税務はもちろん、お客様の経営課題を解決し、「経営者が事業に専念することができる」ようなサービスを提供させて頂くことが目標です。

 

加藤税理士事務所の想い

当事務所は、先代の加藤秀一が昭和41年に此処鶴岡の地に加藤秀一税理士事務所を開業したのが始まりです。その後、地元産業界の皆様に支えられ今日まで税理士事務所を続けて参りました。

若輩者ながら私加藤千尋が平成18年に所長を襲名致しました。先代を含め地元の皆様から頂いたご恩を命がけでお返しするつもりで税理士業務に当たっています。最近、税理士業というものがサービス業に移り変わっており、これからは決算申告書を作成するだけの税理士は必要とされてこないと痛切に感じております。

 

Screenshot of www.kato-ctao.com

 

渡邉内科クリニックの診療科目一例

内科全般:かぜ、インフルエンザ、胃炎、胃腸炎、気管支炎、気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、膀胱炎、咳など。風邪やインフルエンザ、花粉症などの一般内科的疾患を診療。保険適用での禁煙治療も受付けています。「熱が出た」「お腹が痛い」「何となくだるい」など、日常的に起こりうる体調不良に対して、適切な診察と治療で対応いたします。お気軽にご相談下さい。

糖尿病内科:糖尿病治療の研究は今も進んでいます。”変わりゆく変わらないもの…”当クリニック糖尿病内科では、それら最新の糖尿病医療に対応しつつ、かつ、患者さんの病態やニーズに真摯に向き合いながら、個々の患者さんにとって最適な糖尿病との付き合い方を提示することで、”糖尿病だけど元気”な楽しい人生を過ごしてもらいたいと考えています。

内科全般糖尿病を主とした高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病や、消化器病肝臓病の診察・治療を行っております。

 

未来を見すえた糖尿病の治療

血糖値をコントロールするために、運動療法や食事療法、そして薬物療法を行います。全て治療に有効な手段ですが、制約感のある生活が長く続くことに、時には投げ出したくなる時もあるでしょう。それは人間なら当たり前の気持ちです。

しかし、ひとりで悩むことはありません。医師はもちろん、看護士、管理栄養士など、スタッフ全員で悩みの解決を目指し、また前向きな気持ちで治療が行えるよう、支えていきたいと思っています。

糖尿病は上手に付き合っていけば、普通の人と変わらない人生をおくること、普通の人と変わらない寿命の確保も難しくありません。四季を感じながら、1年、2年、そして5年、10年、20年と月日が流れ、毎月がんばって通院している患者さんが “また今年も元気にきれいな桜が見れました…”

と、穏やかで心和む在り来たりな会話に、いつの間にか、医療スタッフと患者さんの間に信頼関係が築かれているのに気付かされますが、これが糖尿病治療の醍醐味ではないかと思う今日この頃であります。

 

渡邉内科クリニックの想い

当クリニックにおいて最も力を入れている糖尿病の治療においては、食事や運動など日常生活における長期的な管理が必要なだけに、高度な専門治療を提供していくとともに、患者さん1人ひとりの気持ちに寄り添ったケアも大切だと考えます。

患者さんが安心して治療にのぞめるよう、医師による分かりやすい説明、丁寧な診療、そして信頼をつなぐコミュニケーションづくりを心がけていきたいと思っております。

後もスタッフ一同、地域の皆様にとって身近なクリニックを目指して頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

Screenshot of watanabe-naika-clinic.or.jp

 

さとう循環器科内科クリニックの理念

「すべては病める人々のために」を理念として、さとう循環器科内科クリニックを設立して15年の歳月が過ぎました。この間、私が一番得意とする循環器疾患を中心として、すぐ隣の何でも相談できるクリニックとしてできる限り最高の診断機器と技術で、一人一人にあったオーダーメイド診療に当たって参りました。また、この15年間の医療や医療機器の発達に伴い当院をとりまく医療技術の進歩に伴い当院も進歩して参りました。

 

さとう循環器科内科クリニックの歩み

平成16年12月に開院して以降、平成17年には、開院当時施行していなかった内視鏡検査を内視鏡専門医の松村医師を招聘して開始いたしました。精度の高い検査を行いこれまでに多くの早期がんを発見できました。内視鏡スコープをより口径の細いものを導入し、患者さんへの負担の少ないものへと更新致しました。平成30年から、NBI(特殊な光をあてて観察する方法)が可能な機種に更新し精度の高い観察ができるようになりました。

平成18年には禁煙治療を開始いたしました。喫煙と肺疾患および循環器疾患と密接な関係があることから、禁煙治療の重大性を鑑みて開始当初は、あえて自由診療ではありましたが、早期に取り入れることといたしました。平成19年には、循環器疾患との関連から睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査を開始し多くの患者さんを見出しました。

平成24年4月、それまでのシングルプレーンCTよりスパイラルCTに機器を更新し、検査時間の短縮と検査の精度が大幅に向上し、肺がん、肺結核などの患者さんをたくさん発見することができるようになりました。

さとう循環器科内科クリニックの想い

今後も時代とともに、医療の進歩に即して、多くの地域の皆様とともにニーズに合わせた医療を提供できるよう発展し続け、皆様に必要とされるクリニックとなるよう努力を重ねていきたいと思います。

健康に関わるお悩みの症状などにつき、お気軽にご相談ください。「こんな症状で悩んでいるが何科にかかったらわからない」でも結構です。お気軽にご来院ください。

 

Screenshot of satojunkanki.com

 

すずきこどもクリニックの想い

当院は『こども』の「心身の健康、成長発達、病気予防・治療」をトータルにサポートする小児専門クリニックです。地域の良き相談相手として、親しみやすく、長く付き合える「かかりつけ医」としてありたいと願っております。充分なコミュニケーションをとれる患者様本位の医療を基本姿勢としておりますので、病気だけでなく、何でもご相談ください。小児科専門医として培ってきた経験と、日々、変わり行く最新の医学知識をもとに、大切なお子様達の成長や健康管理に少しでもお役に立てるよう努力していきます。

 

すずきこどもクリニックの取り組み

『こども』が病気になると、本人は勿論のこと、家族にも肉体的・精神的負担がかかります。患児の病気だけでなく、家族の心配や不安・悩みを常に皆様の目線で受け止めて、何でもお気軽に相談できる「こどもと家族のための医療」を提供する目的で、新宮市にクリニックを開設させていただきました。地域に根ざした小児医療に熱意をもって取り組んでいきます。

 

外来注射療法の選択も可能

『こども』は、いわゆる風邪でも、重症化し、点滴・注射の治療が必要になることがよくあります。以前は点滴・注射治療=(イコール)入院でしたが、近年は薬の進歩により、外来での注射療法で多くの患者様を治癒に導くことができるようになってきました。

入院生活は患児の自由も奪いますが、付き添う家族も大変です。肉体的・精神的ストレスは測り知れません。また、仕事の都合や他の兄弟の存在のため、どうしても入院できない場合もあります。外来治療で治せるのであれば、それにこしたことはありません。

当院は小児専門クリニックであり、外来点滴・注射治療を取り入れております。できるだけ入院ということにならないように重症度や希望により患者様が外来注射療法を選択することができます。

 

Screenshot of suzukikodomo.jp